温活で基礎代謝を上げよう!3つの温活方法と効果を紹介

温活で基礎代謝を上げよう!3つの温活方法と効果を紹介

みなさんこんにちは。

寒い季節が近づいてきていますが、みなさん温活ってやってますか?

「冷えは万病の元」と言われ、健康や美容にとってよくありません。

本日は濱島先生に温活について3つの温活方法と効果を説明していただきます。

それでは濱島先生よろしくお願いします。

 

温活とは

(情報提供:濱島先生)

みなさんこんにちは。濱島です。

本日は温活について3つの温活方法と効果についてお話しして行きたいと思います。

まず「温活」について、温活とは体温を適正な温度まであげる活動のことを言います。体温が低いと体にとっていいことはありません。

 

体温が1度下がると代謝が10〜20%落ち、免疫力が30%も低下する

 

と言われていますので体温をしっかり上げていきましょう!

 

3つの温活方法

それでは温活の方法を紹介して行きます。

カイロを貼る

1、お腹に貼る・・・お腹に貼ることで腸を温め、免疫力アップにつながります。

2、背中(肩甲骨の間)に貼る・・・背中(肩甲骨の間)には熱を作る細胞があるので、効率的に体を温めることができます。

3、腰の下(仙骨)・・・仙骨には多数の血管、ツボがあるため体の調子がよくなります。

 

入浴

38℃〜40℃ほどで半身浴がおすすめです。汗が出ることが重要ですので、10分ほどで汗が出る自分にあった温度を探してみてください。体温が1℃上がると免疫力が5〜6倍になると言われています。毎日湯船には浸かるようにしましょう。

 

食べ物

毎日摂る食事も気をつけないといけません。気づかずに体温を下げる食事をとっている可能性もあります。

体を冷やすもの→コーヒー、果物、小麦食品

体を温めるもの→みそ、納豆、チーズなどの発酵食品

 

温活の効果

温活をすることにより以下のものに効果があります。

ダイエット

基礎代謝が上がることにより、脂肪が燃焼されやすくなりダイエット効果が高まります。

冷え、むくみ、血行不良

体温が上がることにより血行が良くなり、冷えやむくみに効果が出ます。

睡眠不足

副交感神経の働きが優位になり睡眠不足を解消します。

腰痛、肩こり

血行が良くなることにより、コリがほぐされ腰痛や肩こりに効果が出ます。

生理痛、生理不順

温活により下腹部の血流が良くなると、女性ホルモンの分泌が正常になり、生理痛、生理不順に効果が出ます。

 

以上が温活の方法と効果になります。基礎体温をあげて健康な生活を送りましょう!

最後まで読んで読んでいただきありがとうございました。

 

まとめ

濱島先生ありがとうございました。体温を上げるって大事ですよね。

私も手足が冷えて、顔がのぼせるタイプの冷え性なので今日から温活始めようと思いました。

みなさんも一緒に頑張りましょう^^

本日もありがとうございました。

 

濱島先生のプロフィール

 

Advertisement
Translate »
error: Content is protected !!