肌荒れに効果的な水分量と飲み方

肌荒れに効果的な水分量と飲み方
Advertisement

暑い日が続いてますがみなさん水分はしっかり摂っていますか?

今日は「肌荒れ」について山田先生に効果的な水分量と飲み方についてお話をしていただきます。

肌荒れの原因

(情報提供:山田先生)

皆さんお疲れ様です!

皆さん、お水はしっかり飲んでいますか?

たくさん飲むと太るから、たくさん飲むとむくみやすくなるからと思って飲まないようにしてませんか?

沢山飲んだ方が美容や健康にいい。

だから毎日沢山飲んでます!

って言う方もいらっしゃると思います。

でも、お水を沢山飲めばいいってものではありません

 

飲み方や飲む量が重要なんです!

 

それじゃあなぜ水分不足で肌荒れが起きるのか?

肌荒れには紫外線の影響やストレス、生活習慣の乱れなど様々な原因がありますが、その一つに水分不足があります。

水分補給に化粧水をたっぷりつけたり、保湿パックをしたり…それでも肌が乾燥するのは体の水分不足が原因。

人間の体はほんど水でできていると言われるほど重要なものなんです。成人は体重の50~60%、新生児では70%も水分が占めているんですよ。

その水分が不足してしまうと、肌細胞も水分不足になってしまい肌の潤いを保てず乾燥を引き起こします。

肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下するので、頬杖をついたり髪の毛が触れるといった何気ない刺激にも肌が敏感になり顎ニキビができやすくなったりします。

水分が不足すると血液の粘度があがってドロドロの血液になります。

すると血液の流れが悪くなってしまい血中の酸素や栄養が肌に届きにくい状態になり、肌荒れを引き起こしてしまうんです。

同様にリンパの流れも悪くなり、老廃物が体内に滞ってニキビができやすくなったりします。また、水分不足によってヒスタミンの分泌量が多くなると言われています。

ヒスタミンは体内に細菌などの異物が侵入した時に産生される免疫物質で、活性酸素を発生することで異物を死滅させます。

増加したヒスタミンは血管を刺激することがあり、水分が皮膚の下に染み出して手などに水泡を作り出してしまいます。

これがいわゆる「手湿疹」です。ヒスタミンの分泌量を抑えるには水分不足の解消が必要です。

 

水分を取ることによるお肌への効果

 

水分不足が肌に悪影響なことはわかりましたね。
では、水分を摂ることで肌へどういった効果が期待できるのか見ていきましょう!

 

1.肌に栄養が届く

2.老廃物を流す

3.便秘の解消

肌荒れに関して水分が重要なことはわかりましたね?

 

肌荒れに効果的なお水の飲み方

 

次は飲み方です!

 

飲み方の基本
1日に飲む量
人間が1日に摂取するべき水の量は1.5Lが目安です。

これは人間が1日に排出する水分量から計算 された数字です。人間が1日に排出する尿は1~1.5L、便で0.2L、汗や不感蒸泄で0.8L、あわせて2~2.5Lといわれています。

1日の平均的な食事から得られる水分量 はだいたい1Lとされているので、このほかに1.5Lの水分を補給する必要があるのです。

ですが、 例えば運動をたくさんして汗を大量にかいた日などはその分摂取する水分量が増えるのも当然です。

この1.5Lというのはあくまで目安ですので、人によっては単純に水を1.5L飲むと飲みすぎになる場合があるので注意しましょう。

過剰な水分摂取はお腹の調子を崩してしまうことになります。

こまめに飲む

1度に大量の水を飲むと胃の中の消化液が薄められて消化機能が低下したり、体内のナトリウム量が減少して疲労感を引き起 こす心配があります。

ですので、水分を摂取するのは1日の中で数回に分けてこまめに摂ることが良いでしょう。1度に飲む量はコップ1杯程度が目安です。

 

 

気を付けたい飲み方のNG例

 

冷たい水を飲む

水を飲むときは常温のものを飲みましょう。

冷たい水は分子が大きいためお肌の細胞膜へ吸収されにくいので細胞に届かずにそのまま体外へ排出されてしまうからです。

細胞の水の入れ替えができないと肌の老化 が進んでしまいます。

そして、冷たい水は体自体の冷えの原因にもなりますしお腹を冷やし胃腸の機能を低下させます。

胃腸が弱ると便秘や消化不良を起こし、肌荒れを引き起こします。

飲みすぎ

必要以上に水分を摂取すると細胞に吸収されなかった水が細胞の外で滞り冷えやむくみの原因となります。

水分を摂取し続けて、冷えやむくみ、胃腸不良などを 感じる場合は水分の摂りすぎと言えるので注意しましょう。

健康的な体、キレイなお肌になるように、日々適当な水分量を摂取しましょうね!

 

まとめ

水分を摂るにしても効果的な飲み方があるのがわかりましたね!

闇雲に水分を摂るんではなく、山田先生が教えてくれた飲み方、摂り方をぜひ実践してみてください!

 

山田先生の詳細はこちら→プロフィール

 

Advertisement

にほんブログ村 美容ブログ 美容の豆知識へ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!