意外に多い?!トレーニングで効果が出ない人、怪我をする人の特徴

意外に多い?!トレーニングで効果が出ない人、怪我をする人の特徴
Advertisement

みなさんは健康のために運動、トレーニングはしていますか?

「よしダイエットしよう!」と思ってやってみるも、なかなか効果が出ない、または逆に体を痛めてしまい続かない、なんて方もいるかもしれません。

本日はトレーニングをやってるけどなかなか効果が出ない、体を壊して怪我をしてしまう人たちに共通する特徴を渡辺先生に解説していただきます。

 

効果が出ない、怪我をしてしまう方たちに共通すること

(情報提供:渡辺先生)

みなさんこんにちは。渡辺です。

本日はトレーニングで効果が出ない、または逆に怪我をしてしまう方たちに共通することを紹介させていただきます。

怪我をされて来院される方たちの中で、トレーニングをやってる方も多いんですが、みなさんに共通することが

トレーナーさんを付けずに独学でやってる

体の歪みが強い

方たちが非常に多いということです。

それぞれのPOINTについて次で詳しく解説したいと思います。

 

なぜトレーナーさんを付けたほうがいいのか?

まずトレーナーさんを付けたほうがいい理由を解説します。

トレーナーさんをつけるメリットとしては3つあります

1、正しいフォームを教えてくれる

間違ったフォームでトレーニングをすることがないため怪我を防げる

2、効率よく筋肉をつけることができる

意識してトレーニングできるため効率よく筋肉をつけれる。

3、頑張れる

トレーナーさんがつくことにより「叱咤激励」してくれるので限界まで頑張れる。

 

デメリットとしてはお金がかかることです。

 

トレーニングに悪影響する体の歪み

体に歪みがある状態でトレーニングをすることによりアンバランスな筋肉がついてしまいます。

例えば、右肩上がりで右利きの方がベンチプレスで100kgを10回持ち上げる場合、右手で60kg分、左で40kg分をあげてるような感じになり、右の筋肉が左より発達してしまいます。

同じ回数をあげているのに左右の筋肉のバランスが崩れていき、逆に歪みが大きくなり耐えきれずに怪我をする。

 

体が歪んでいる状態でトレーニング→左右(前後)で筋肉がアンバランスになる→歪みを助長→怪我

 

実際に体を整え、トレーナーさんをつけて正しいフォームでトレーニングをしてもらった方々はトレーニングでの怪我も減り、また痩せにくかった方たちも痩せやすくなったといった声を聞いています。

トレーニングしているけど思ったより効果が出ない、またトレーニングしてるのに怪我をしやすいという方は一度自分の体を見直してみてください。

 

まとめ

みなさんいかがでしたか?

健康、ダイエットのためにトレーニングをやっている人は多いと思いますが、なかなか効果が出なかったり、トレーニングしてるのに体の状態が良くならないと何のためにトレーニングやってるのかわからなくなってきますよね。

人によって原因は違ってきますが、今まで効果がでなかった方は確認してみる価値はあるかもしれません。

本日もありがとうございました。

 

渡辺先生の詳細はこちら→プロフィール

 

Advertisement

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!