膝に溜まった水は抜いたほうがいい?抜かないほうがいい?

膝に溜まった水は抜いたほうがいい?抜かないほうがいい?

みなさんは膝に水が溜まって水を抜いたことはありますか?

膝に水が溜まった場合、病院に行くと「水が溜まってますね。水を抜きましょう」と言われたりすることがあります。

しかし、数日経つとまた水が溜まり、また水を抜く、また溜まると何度もなんども繰り返さないといけない。結構抜く時は痛いんですよね。

今日は渡辺先生に膝に水が溜まった時抜いたほうがいいのか、抜かないほうがいいのか解説していただきたいと思います。

 

膝に溜まる水って何?

(情報提供:渡辺先生)

みなさんこんにちは。渡辺です。当院でも膝が痛む方の中で、膝に水が溜まってるが多くいらっしゃってます。ここで膝の水ってなんだろうと思う人もいると思いますので紹介させていただきます。

ズバリ、膝の水の正体は、膝にある滑膜から作られる「滑液」のことを言います。

膝の関節は「関節包」という組織で包まれており、その内側に滑膜があります。そこで滑液を生成したり、吸収をしています。

 

なぜ膝に水(滑液)が溜まるの?

 

膝に水(滑液)が溜まる理由としては膝の関節内の炎症などが原因となります。膝の中で炎症が起こることにより、炎症を抑えようと滑液が大量に生成されます。

 

膝に溜まった水は抜いたほうがいい?抜かないほうがいい?

膝の水(滑液)は炎症の強さにもよります。滑液が大量に生成され吸収が追いつかないとどんどん膝が腫れていきます。施術としては膝の部分に包帯等で圧迫をかけ、滑液の吸収を促進させていきます。ここで水を抜いてしまうと、体の反応としては炎症を抑えないといけないとまた滑液をどんどん生成してしまうのでまた膝に溜まっていってしまいます。

私の経験では膝の炎症が強くない場合は水を抜かないほうがいい、炎症が強く痛みがひどい場合は抜いたほうがいいと思います。病院ですぐ「水を抜きましょう」という場合は少し考えたほうがいいかもしれません。

圧迫をかけて膝の痛み、腫れが引いた人も多くいらっしゃいますので。

 

まとめ

体の反応では、水を抜くと炎症を抑えようとまた水を出す。膝の水を抜いて痛みを繰り返すという方は、水を抜かず包帯などで圧迫してみるといいかもしれません。

気をつけなければいけないのはすぐに「水を抜かないこと」。炎症の強さにもよりますが病院ですぐ「水を抜きましょう」というところは気をつけて、セカンドオピニオンまたは整骨院や接骨院に行ってみるのも考えてみてはいかがでしょうか。

本日もありがとうございました。

 

渡辺先生の詳細はこちら→プロフィール

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!