効果が出る小顔矯正!あなたは本当に知っていますか?

効果が出る小顔矯正!あなたは本当に知っていますか?

「小顔矯正」と聞くとみなさんはどんなイメージがありますか?

私が現場に出ていた時のお客さんのイメージは

・顔の骨を動かして空いてる隙間を埋める

・口に指を突っ込んで顎の骨を動かす

・とにかくすごく痛い

などの声を聞いていました。

あとは「とにかく料金が高い」^^;

今日は小顔矯正について筱田先生にお話をしていただきます。

身体のゆがみから来る顔のゆがみ

(情報提供:筱田先生)

みなさんは、内臓の不調が、顔のタルミやムクミ、シワ、クスミなどの原因になることは聞いたことがあるかと思います。

 

東洋医学では、「顔は内臓の鏡」と言われるほどで、五臓六腑の状態が特に顔には表れるので、顔の不具合からどの臓器が疲れているのかを判断することができます。

例えば、

眉間のシワ、顔のシミ→肝臓

おでこのシワ→小腸、大腸

ほうれい線、ホホのタルミ→胃腸

目の下のクマ、顔のムクミ、鼻のニキビ→腎臓

こういった顔の状態が、それぞれの内臓の不調に表れることが多くあります。

 

今日は

「身体のゆがみから来る顔のゆがみ」

骨格についての話をいたします。

小顔矯正、一昔前から流行ってますね。

でもこの矯正、顔だけ整えても立ち上がると元に戻ったりします。

なぜでしょう?

 

身体の骨格が、顔の骨格と強くリンクしているからです。

 

顔それぞれのパーツが、身体の各パーツと連動しています。

骨盤→アゴ

肋骨→ホホ骨

胸骨→鼻骨

鎖骨、肩、肩甲骨、背骨→頭の骨

つまり、立ち方や座り方が悪くて骨盤がねじれると、アゴが同じような傾きでねじれます。

胸の高さが違う人は、ホッペタの位置が同じようにずれています。

肩の高さに左右差があると、頭のてっぺんも左右の高さがずれてしまいます。
こういったことから肩のコリから頭痛が来たりする感覚があるのですね。

このように、顔のゆがみが気になる人は、顔の矯正だけでなく、当然身体のゆがみも整えないといけないんですね。

実際の整体の臨床現場では、足のムクミが減ってくると、アゴ下のタルミが減ってきます。

「身だしなみは足元から」とはよく言いますが、美容の観点からも足元から問題を解決していかないといけないのですね。

皆さんも気になっている顔のパーツ、身体から改善してみませんか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

顔だけ矯正しても体が歪んでるとまた元に戻ってしまったり、効果が出なかったりしてしまうんですね。

逆にいうと体を整えれば顔も整い小顔になるってことなんです。

筱田先生は顔を押したり引っ張ったりせずに小顔の効果を出すこともできるみたいです。プロですね。

また一時的であれば強い刺激で顔を押さなくても顔を引き締めて小顔にすることも可能です。

テレビでよくやってる小顔矯正や高い小顔矯正のお店であんなに痛い思いしても1日経てばまた元に戻ってしまいますしね。
実際に片方の顔だけ軽く何回か叩いてみてください。刺激によって筋肉が引き締まり小顔になりますので(笑)顔の骨を動かして小顔にすることなんてできませんのでみなさんも気をつけてください。

本日もありがとうございました。

 

筱田先生の詳細はこちら→プロフィール

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!