成長期のサッカー少年に多い成長痛(オスグット・シュラッテル病)とは?

成長期のサッカー少年に多い成長痛(オスグット・シュラッテル病)とは?

みなさんこんにちは。

本日は成長期のサッカー少年に多い成長痛(オスグット・シュラッテル病)について長谷川先生にお話ししていただきます。

 

成長痛(オスグット・シュラッテル病)とは?

(情報提供:長谷川先生)

みなさん初めまして。長谷川です。

本日はオスグット・シュラッテル病(以下オスグット)について解説していきたいと思います。

まず、オスグットとは10歳〜15歳くらいの時に、膝のすぐ下の骨が出っ張ってきて痛みが出る症状になります。

成長期のスポーツをやっている方に起こりやすい症状ですが、特にサッカーは脚を使うスポーツなので痛みが出る方が多くなってきます。

なぜかというと、太ももの筋肉は太ももから膝の下にくっついています。サッカーは脚を使うので、

太ももの筋肉が硬い状態が続く膝の下に筋肉がくっついているため引っ張られる骨が出っ張って痛みが出てしまう

という感じで痛みが出てきます。

 

対策と改善方法

痛みが出てしまっている場合は安静にするのが一番です。

どうしても痛みが強い場合は、包帯で固定し膝の関節の可動域を制限したり、それでも痛い場合は病院で注射をするなどの処置を行います。

15、6歳くらいには痛みが治まってきますが、中学2年生、3年生の時期は大会やレギュラー争いなどもあるため、なかなか安静にするのが難しい方が多いのが現状です。

私もなるべく選手たちの要望を叶えながら施術をしてますが、できることなら休んでもらいたいですね。

 

まとめ

長谷川先生ありがとうございました。

私も中学校1年の時にオスグットになり無理してサッカーを続け、結局手術をした経験があります。しかも両足。どんな手術だったかというと、

両膝に局所麻酔を何本も打ち、出っ張ってる骨を杭みたいなもので打ちつけるみたいな感じでした。

こんな感じ↓

(骨には麻酔が効かないため、金槌でガンガンやられるたびに激痛だった思い出があります)

今考えると手術するようなものでもなかったかなと思います。そこから身長も止まったような、、、

成長痛が出てる時はきついですが、必ず良くなるものなので今、成長痛の方はゆっくり休んでいただければと思います。

本日もありがとうございました。

 

長谷川先生の詳細はこちら→プロフィール

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!