「運動前のストレッチしていますか?」

「運動前のストレッチしていますか?」

「運動前のストレッチしていますか?」

(情報提供:伊藤先生)

 

お疲れ様です。

皆さん最近、運動してますか?

私はジムに長らく通わせていただいて、パーソナルトレーニングで色々学ばせていただきました。

しかも、キックボクシング、ゴルフ、スラックライン、ヨガなどいろんなジャンルのプロが来て練習できる環境があるので、使える身体を作る意味でも本当のトレーニングができるジムです。

見た目だけではなく、神経伝達を鍛える内容もあり、アスリートの為のジムといっても過言ではないですね。

今日は陸上で全国大会優勝経験もある伊藤先生に運動とストレッチの関係に関してお話しいただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が10年ほど前から警告している事ですが、最近になってようやく世間にも認知されてきましたね。

少し前に「スポーツ前にストレッチをするとパフォーマンスが落ちる」という研究結果がニュースでも話題になりました。

 

実は一般的なストレッチ(静的ストレッチ)をするとマッサージと同じで筋肉の繊維が破壊されるのです。

強さは関係ありません。

 

本来筋肉は筋膜と呼ばれるボディスーツのような膜が筋肉を覆っていて、筋肉と一緒に動きます。

しかし、筋肉はゴムのように伸びたらすぐ縮む性質がありますが、筋膜はビニール袋を伸ばしたようなイメージで縮むまで数時間かかります。

 

このため一般的なストレッチを行うと筋肉と膜が上手く連動せず、怪我や肩こり腰痛まで引き起こします。

陸上競技のスタートなどで、神経の反応速度が遅くなったという研究結果もあります。

 

当時私は陸上競技で全国優勝した経験からストレッチが良くない事に薄々感づいていましたが、恩師をはじめインターハイや世界陸上に多くの選手を輩出している監督やコーチに伺うと揃ってこうおっしゃいました。

 

「ストレッチやマッサージに行った選手はほとんど潰れた」

やはりそういった方々は、エビデンスが時代に追いつく前に経験則からわかっていたのですね。

現在トップアスリートで一般的なストレッチしている選手はほとんどいないそうです。

厳密にはストレッチと言っても、やり方や種類がたくさんあり、体に良い反応を起こすストレッチは実は難しいのです。

 

理想はイチロー選手が行なっているような、筋トレなのに筋肉が柔らかくなるという筋肉と神経を両方良い状態にできる次世代型のストレッチですね。

 

もちろん否定派意見もあると思いますが、例えば砂糖の弊害も同じで、エビデンスでは砂糖は体に良いというデータや悪いというデータがあります。

しかし、現場では砂糖を断つことで劇的に体の状態が良くなったという結果が圧倒的です。

ストレッチが良いのではなく、良い面と悪い面がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、この話は知っていましたか?

でもよく考えたら私が通っているジムも静的ストレッチはしてなく、ポールやチューブを使って動きの中で身体をほぐしていくという方法を取っていますね。

イチロー選手のストレッチは「動的ストレッチ」と言われているみたいで、実際の競技で使う動きに近い形で筋肉を温め、さらに神経系も活性化させるようなストレッチだそうです。

 

それではまた明日。

にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!