野球、テニスをやってる人に多い肩の痛みの症状と対処法

野球、テニスをやってる人に多い肩の痛みの症状と対処法
Advertisement

みなさんこんにちは。

本日は野球やテニスなど肩をよく使うスポーツに多い肩の痛みについて、症状、原因、対処法を渡辺先生に解説していただきます。

 

野球、テニスに多い肩の痛みの症状と対処法

腱板損傷

症状

肩の奥にある回旋筋腱板が傷つき、炎症を起こし痛みが出る状態。

肩を水平に挙げ保つことができない、または上げることができないのが特徴。

対処法

関連する筋肉の緊張を取る。ストレッチはNG。運動痛が軽減してきたら筋力トレーニングを行う。

軽いものだと安静で回復するが、痛みが強く、機能的に問題が残る場合は専門医による手術を行う。

上腕二頭筋長頭腱損傷

症状

力こぶの筋肉(上腕二頭筋)が肩の前側の方にくっついていますが、そのくっついているところが擦れたりして損傷し痛みが出る状態。

肘を曲げるのに抵抗を加えた際に肩の前に痛みが出るのが特徴。

対処法

痛みが出てきた最初の方は、氷などでアイシングをし、その後は周りの筋肉を緩める。

痛みが強く重症な場合は専門医による手術を行う。

 

動揺肩

症状

肩の関節を覆う関節包、靭帯が異常に緩い状態。

自覚症状として体がだるく、鈍痛、運動痛があるのが特徴。

対処法

動揺肩は原因がわからないことが多いため専門医にしっかり診てもらう方が良い。

 

野球肩

症状

野球肩はボールを投げる際に出る痛みで、それぞれ①ワインドアップ期、②コッキング期、③アクセレレーション期、④フォロースルー期に分けられる。

肩の前方、後方に痛みが出るのはもちろん、骨折をする可能性もある。

対処法

痛みが出てきた最初の方はアイシングを行い、関連する筋肉を整える。痛みがおさまってきたら筋力トレーニングを行う。

痛みが強い場合は専門医に診てもらう。

 

肩の痛みの症状はいろいろありますが、重要なのは痛みが出たらすぐに治療を行うということが大切です。特に成長期の若い子たちは、その後の選手生命を脅かすことになってくるので特に気をつけていただきたいと思います。

 

まとめ

渡辺先生ありがとうございます。

野球、テニスをする方はもちろん、同じように手を使うスポーツ、日常生活でもちょっとした時に肩を痛めることは多いと思います。

大事なのは痛みをほっとかないこと。

体のクセもそうですが、痛みも体が記憶してくるとなかなか改善するのに時間がかかってしまいます。

みなさんも少しでも痛み、違和感を感じた際はすぐに体のケアをすることを考えてみてください。

本日もありがとうございました。

 

渡辺先生の詳細はこちら→プロフィール

 

Advertisement

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Translate »
error: Content is protected !!